第5回「決断の時」

Calin’s-Deco(カリンズデコ)の、すずきです。
これまでのコラムで、資格取得、お教室開業への活動、作品販売にむけての活動、について書かせていただきました。
これは、デコパージュ教室を「本業」とする為に、頑張ってきた活動です。

コラムを第一回から読んでくださっている方はご存知かと思いますが、わたしは現在、月~金の9時~17時は会社勤務をしております。
デコパージュ教室は、土日のみです。
今回は「本業とすることを諦め、なぜ、こういう決断に至ったのか」について、書きたいと思います。

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%ba

クリスマス用に作った作品たち



決断の時。

それは今年の2月下旬。専門学校の卒業が迫った時期です。
それまで、進路をずっと悩んでいましたが、いよいよその時が来ました。

わたしの中での選択肢は以下の3つでした。

1. ・デコパージュ教室を本業として働く
2. ・週3日パート・週2日デコパージュ教室を開く
3. ・デコパージュ教室を諦めて働く

夫とも話し合いをしました。
デコパージュ教室をやりたい気持ちも知っているので、そこは応援したいとのこと。
しかし、「マンションのローンも残っているので、家計にはある程度入れてほしい」とのことでした。
(現実的な話でお恥ずかしいですが、現実も大事です。)

そこで週3日程度のパートを探すことにしました。
しかし、「希望の時間帯・希望の時給」で働ける仕事がみつかりません。いろいろ探した結果、「週5日勤務・土日教室」という選択になりました。

選択肢外でした。。。

img_1880

 

決断の理由として、きれいな言葉を選べば、「自分や夫と子どもたちの将来を考えて・・・」ということでしょうか。

もちろん、他の先生方が、ご家族の将来を考えていらっしゃらないということではありません。
わたしも「子どもの帰宅を家で待ってあげたい。」という気持ちもあります。
でも、一方で「子どもたちに習い事やいろいろな経験をさせたい」という気持ちがあります。そして、これからもっと出費が増えていく・・・・。
そんな我が家の状況を考えた結果、「まずは一年間、育児と仕事とお教室の三本柱を頑張ってみよう!」という決断をしたのです。

今はデコパージュを本業としてできなくても、将来「本業」とする為の小さな階段になるのかな、と。

ledsnowman

LEDキャンドルのデコパージュ



 

週5日働き、たまに残業もします。保育園のお迎え・家事・育児をこなすという生活は40代の身体には、なかなかハードです。それでもこの決断を選んだのは、「好きなことだからがんばれる」・・・という言葉よりも、「好きなことだからやりたくて仕方がない!」という言葉の方がしっくりくるような気がします。

 

ledsnowman2

次回はいよいよ最終回!

この決断での「メリット・デメリット」を含めた「育児と仕事とお教室 わたしなりのデコパージュライフバランス」について書かせていただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■コラム執筆者のプロフィール

東京都足立区にて「Calin's-Deco(カリンズデコ)」を主宰。
現在は土日祝日を中心に、イベント出展、出張レッスンなども行っている。
スニーカー・スリッポン・上履き・パンプスなどへのデコパージュを得意とし、累計50足以上製作。
ハンドメイドサイトで販売しているオリジナル作品も人気。
2016年春に保育士資格を取得。様々な資格を所持している。
将来は、地域の子育て支援も行えるような教室づくりを目指している。
デコパージュナビのサロンランキングでは20週連続1位を取得し、今後も注目の集まるサロン。

→  この教室の詳細を見る