革小物にも!オトナ☆デコにチャレンジ


デコパージュの楽しさは、ありとあらゆるものからオリジナルアイテムを生み出せるところにあります。

バッグや上履きなど布製品はもちろん、文房具や、洗面所などで使う生活用品……プレゼントできる品が多いことも嬉しいことですよね。

今回は、男性へのプレゼントにもピッタリ、革製品へのデコパージュにスポットを当ててみたいと思います♪

オトナの特権、革デコパージュ?

最近は、スマホケースや手帳など、絵柄付きの革製品も可愛らしいものが多く出回っていますが、「この形でこの図案があったらいいのにな~」と、なかなかベストなものを見つけるのって苦労しますよね。

使い勝手とサイズ、それを満たす無地の商品を見つけたらチャンス!お気に入りのシートでデコパージュしてしまいましょう!

作り方は普段と同じ

革だからと言って、特別な準備は必要ありません。いつも通り、カワイイな♪と思ったペーパーでデコるだけ。

薄いペーパーを全面に貼るもよし、お好きなデザインを転写するもよし!アイデアの数だけニューアイテムが生まれます♪

革ならではの特徴は?

地の色によって見え方が変わります

これは革に限ったことではありませんが、デコパージュされるアイテムの地の色が透けて、図案の色味が変わって見えます。

特に革製品は暗い色味に仕上げられた製品も多いので、ペーパーの厚みや色によっては図案が見えにくくなることも。

また、白い紙の部分が浮いて見える組み合わせもありますので、鮮やかな図案を生かしてデコパージュしたいときは、明るい色味の製品を選ぶと良いかもしれませんね。

ヌメ革は要注意!

人工皮革なら、気を付けるべきことはほとんどありませんが、もし本革製品にデコパージュしたいときは、デコパージュ液の吸い込みにご注意を。

特にタンニンでなめしただけのヌメ革は、吸い込みも変色も激しく、デコパージュには適していない素材といえます。本革でも染色や塗装がしっかりとなされているものなら安心ですが、まずは人工皮革などの扱いやすい材料からスタートされることをおすすめします。

上達したらプレゼントにも!

普段使いの小物でも、折り曲げることの少ない硬めの素材なら、耐久性もあまり気にせずプレゼントできますね。

革ということで、男性にも抵抗なく使ってもらえるアイテムが作れますね。好きなスポーツチームのロゴやイニシャルなど、お相手の喜びそうなチョイスでデコってみてはいかがでしょう?

ーーー

今回は、革製品に注目してみました。

まだまだ広がるデコパージュの世界。これまでトライしたことのないアイテムにも、是非挑戦してみてくださいね♪